AtelierMW Logo

wakachan[AtelierMW]web[wakachan's ArtWorks Library]
copyright © 1987-2018 wakachan[AtelierMW] All Rights Reserved.

ArtWorks Library

No.269「私の世界(人生)13」

No.269[私の世界(人生)13]  そんな気持ちを持ったのはいつだったか…
 決して意識的にそうした訳ではない
 なぜかそうなってしまっていた
 でもどうしてなのか

 その間の私は幸せだ
 この上なく気持ちを満たしている
 満たしてもらっているのかもしれないが

 そっと瞳を閉じる
 その手が私の全身を包み強く抱き締める
 全てを任せ、全てに酔い知れ、全てを忘れる
 その間の私は幸せだ、幸せだった…

 突然現実に呼び戻される一瞬がある
 体の中の血液が冷え、
 ぼんやりとした頭の中に意識が蘇る、
 抜けていた力は筋肉の目覚めを向かえると同時に、
 また張りつめを始める

 いや、そんな事だけのせいではなさそう
 この気持ちの要因は別に違い無い
 何が、どうして、そんな…

 あなたは隣で眠る
 今まで私に幸せを与え続けたくれていたあなたは
 隣で眠っている
 あなたの唇には
 赤いルージュの重なった後がある
 あなたの背中には
 いくつもの赤い線が走っている
 あなたは隣で眠っている

 身支度を始めた
 意識して始めた事ではない
 気が付いたらそうしていた
 腰は重い
 体もまだだるい
 意識は明確化し
 血液は冷え
 涙は頬を流れる
 体を包む絹は
 さっきまで私を包んでいた幸せに比べれば御粗末だ
 全裸の方が暖かいだろう

 それでも身には何かつけなければならない
 なぜなら私は外へ出たいからだ
 出たいと意識している訳では無い
 ただなんとなくそう感じただけ…
 外へ出る事には不快も快楽もない
 空気はまだ冷たく、長居は出来ないだろう
 それでも
 外に出たいのだ

 この場に居たくない訳ではない
 少なくともわずか数分前までは絶対に出たくはなかったのだから
 いや、あなたが逃さなかっただけだったのかもしれないが…
 その考えは捨てておこう
 取り敢えず今は…

 見つめるべき物は外には無い
 本来ここにある筈だ
 そこにある
 でも見えない
 見たくないのかと問われるに違い無いが
 私はそれに、判らないと答えるだろう
 考える余裕は無い
 思い付いた事をそのままに行う以外
 今のところはやる事が思いつかない
 面倒なのかと問われるに違い無いが
 それにも私は、判らないと答えるだろう

 空は暗い
 地は白い
 空気は光の波長を微妙に震わせながら
 私の網膜にあたる

 このまま笑い転げてみようか?
 このまま泣き伏せてみようか?
 このまま車道へ飛びだそうか?
 なんでもいいや・・・今は・・・何をやっても私は気にしない

 私は別れを決心しようと自分を説得しながら、自分で否定している
PREV >