MagMag Paradise
copyright © 1991-2017 MAG2Paradise All Rights Reserved.

横浜市中区小港2丁目…

横浜市中区小港2丁目小港橋(大正~昭和初期) 私の家は山下を過ぎて、千代崎川にかかる小港橋を渡った先にあった。

私の家は山下を過ぎて、千代崎川にかかる小港橋を渡った先にあった。

横浜市中区小港2丁目小港大通り(昭和初期) 古くからこの辺りに住んでいて、以前はおじいちゃんが茶店を開いていたと聞いていた。でも、私が生まれた頃、大きな地震があって、建て替えた時には小さなホテルに変わった。

古くからこの辺りに住んでいて、以前はおじいちゃんが茶店を開いていたと聞いていた。
でも、私が生まれた頃、大きな地震があって、建て替えた時には小さなホテルに変わった。

ホテルというものがどんなモノなのか、その頃は全然判らなかったけど…
同じようなホテルが何件も並んでいた一角、その内の1件が家だった。

横浜市中区小港2丁目戦前のチャブ屋玄関(セッション中) 近所の友達とは、近くの海岸に遊びに行ったり、お社様の周りでかくれんぼをしたり… その横では毎年、お船を出してお祭りもやっていたっけ…

近所の友達とは、近くの海岸に遊びに行ったり、お社様の周りでかくれんぼをしたり…
その横では毎年、お船を出してお祭りもやっていたっけ…

ある年のお祭りは大騒ぎだったみたい…
お社様の先、海に流した6体のお馬さんが海岸に戻ってきちゃって…

”鬼門が開いた!”

とか…

でも、私は小さかったからあまり覚えていない。

覚えているのは、にぎやかで楽しい毎日…

でも一番にぎやかだったのは、夜じゃなかったかなぁ…

私がちょっと大人になった頃…
小さい頃は入れてもらえなかったけど、お家のホールには毎晩たくさんのお客さんがいた。
青い目の人や私と違うキラキラ輝く金色の髪をした人達…
判らない言葉もたくさん交わされていた。

そう言えば、小さい頃、お山の上に住んでたお友達にもそんな人が多かったっけ…

そこで流れる軽快な音楽と、それに合わせて踊る人たち…
タバコの香りとお酒の香り…
そして、色んな言葉が入り混じった空間…

よくレヴュも観に行ったし、ダンスのステップを覚えようと映画を何度も観たり…
外国でダンスを習ってきた人の公演を観に行ったり…
見よう見真似で、お歌やダンスをいっぱ覚えた…

SP盤プレーヤ よくレヴュも観に行ったし、ダンスのステップを覚えようと映画を何度も観たり… 外国でダンスを習ってきた人の公演を観に行ったり… 見よう見真似で、お歌やダンスをいっぱ覚えた…

そして、その輪の中に入れるようになった…

笑顔の絶えない毎日。
新しい発見や、色んな刺激のあった毎日。

それが私の大切な家…

いつまでも
いつまでも
ずっとここで…

皆と楽しく過ごせますように…

♪BGM:「DancingStep」「止めた永遠の時間」
music by wakachan[AtelierMW]
■ Sub Character ■
NO PICTURE ノンちゃん
ピアニスト、他のミュージシャンと比べ、何故か敬のスタイルにしっかり付いてこれる。
NO PICTURE 板さん
その名の通りの板さん♪
■ 仕様 ■
発表:2007年12月 コミケット73
カテゴリ:VisualNovel(プレイ時間はおよそ3時間程度)
COOLMINOR AnotherStory.1 Sumi
   
OS Windows98,Me,2000,XP(※NScripter Ver2.46使用)
CPU PentiumIII800MHz以上を推奨
MEM 256MB以上
HDD 700MB程の空き容量が必要
VRAM 32MB以上を推奨(要DirectX8.0a以上)
MEDIA WAVE,MPEGが再生出来る環境
   
※本ソフトには選択技がありません(オープニングをご覧頂いた後、そのスキップの選択のみあります)。
■ NOTICE ■
このお話はフィクションです。

が…
舞台においては、昭和初期の、横浜市中区小港2丁目に実在したチャブ屋と、その周辺にあった建造物などの資料を元にして、wakachanが妄想…もとい、再構成していますヽ(^.^;)丿
お話はフィクションですが、かなり類似、あるいは実在の名称、固有名詞などが出てきますヽ(^.^;)丿
その辺りの経緯・背景は、本編最後に記していますが、この物語を作るに当り、様々な方面でお世話になった方やインスピレーションを与えてくださった方々に、この場ではありますが、お礼と感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

2007年末、本ストーリの舞台は、完全に姿を消してしまいました…。
それは時の流れ故、仕方のないコトと思いますが…日本の初期のJAZZシーンにて、欠かせなかったその場所、忘れ去られ変わりゆく風景を、こんな風に感じてた奴がいた…ってコトでヽ(^.^;)丿